コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セ氏温度目盛り セしおんどめもりCelsius temperature scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セ氏温度目盛り
セしおんどめもり
Celsius temperature scale

1気圧のもとでの水の氷点を 0,沸点を 100と定め,その間を 100等分して上下に延長した温度目盛りセ氏温度は℃で表す。センチグレード目盛り(百分度目盛り)とも呼ばれる。1742年アンデルス・セルシウスが最初は水の沸点を 0,氷点を 100と定めたが,のちに逆転して前述のようになった。これを精密化して協約した国際温度目盛りのセ氏温度が,国際的に最も広く実用されている。国際単位系 SI絶対温度 T とセ氏温度 t との関係は tT-273.15 である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セ氏温度目盛りの関連キーワードカ氏温度目盛り測定の方法温度の定点

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android