コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セ氏温度 セシオンド

1件 の用語解説(セ氏温度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セし‐おんど〔‐ヲンド〕【セ氏温度】

1742年、スウェーデン天文学者セルシウスが、1気圧での水の氷点を零度、沸点を100度とし、その間を100等分して定めた温度目盛り。現在は絶対温度から導かれ、水の沸点はセ氏99.974度となる。記号℃ 摂氏温度セルシウス度。セ氏。→カ氏温度
[補説]「セ氏」を「摂氏」とも書くのは、考案者セルシウスの中国表記「摂爾修」による。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セ氏温度の関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレーセルシウススウェーデン刺繍ヘルシンボリスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone