コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セ氏温度 セシオンド

デジタル大辞泉の解説

セし‐おんど〔‐ヲンド〕【セ氏温度】

1742年、スウェーデンの天文学者セルシウスが、1気圧での水の氷点を零沸点を100度とし、その間を100等分して定めた温度目盛り。現在は絶対温度から導かれ、水の沸点はセ氏99.974度となる。記号 摂氏温度セルシウス度。セ氏。→カ氏温度
[補説]「セ氏」を「摂氏」とも書くのは、考案者セルシウスの中国表記「摂爾修」による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

セ氏温度の関連キーワードセ氏温度目盛りセルシウス温度カ氏温度目盛り温度の定点測定の方法温度シー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android