ゼウギタイ(英語表記)zeugitai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼウギタイ
zeugitai

古代ギリシア,アテネ市民の4財産級の一つ。ソロン以前は中流市民の呼称で,およそ農民と職人に一致。ソロンはアテネ市民を4財産級に分け,中流市民を第3級としてこの名称とし,上級役職への就任権を除き完全な市民権を与えた。この級には大多数の農民や職人が属し,彼らは重装歩兵 (ホプリタイ ) の中核として,民主政の発展に寄与した (→重装歩兵民主政 ) 。クレイステネスのときには新設のストラテゴス (将軍) 職に就任でき,前 457/6年には制限を廃してアルコンへの道も開かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android