コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼウス神殿 ゼウスシンデン

デジタル大辞泉の解説

ゼウス‐しんでん【ゼウス神殿】

Naos tou DiaΝαός του Διά》ギリシャ、ペロポネソス半島北西部、ゼウス神域として知られるオリンピアにある神殿跡。古くから神域の中心となる祭壇があったが、紀元前5世紀にドリス式の神殿が建造された。内部には古代ギリシャ屈指の彫刻家フェイディアスによる、象牙と金で作られたゼウス像が置かれていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ゼウス神殿の関連キーワードオリンピア(古代ギリシアの神域)オリンピア考古学博物館オリンピアゼウス神殿オリンピアの古代遺跡聖セルジウス修道院ウズンジャブルチュアテネ(ポリス)ペルガモン美術館ハドリアヌスの門アグリジェントパルテノン神殿ポリュグノトスケンタウロスイクティノスヒッパルコスディプテロスパイオニオスギリシア美術アトランテスペルガモン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゼウス神殿の関連情報