コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソクチャン Soc Trang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソクチャン
Soc Trang

別称カインフン Khanhhung。ベトナム南部,カントー省東部の都市ホーチミン市の南南西約 150km,メコン川分流ハウジャン (バサック) 川の最下流部右岸のデルタ地帯にある。米作地帯の集散地。ホーチミン市から省都カントーを経て道路が通じるほか,水路網によりメコン川デルタの諸都市と結ばれる。人口約7万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソク‐チャン(Soc Trang)

ベトナム南部、ソクチャン省の都市。同省の省都。ホーチミンの南西約150キロメートル、メコン川の分流の一つであるハウザン川沿いに位置する。メコンデルタの都市の一つで、米の集散地となっている。クメール人が人口の約3割を占め、カレン寺、ヨイ寺などのクメール様式の仏教寺院が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ソクチャンの関連情報