コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーチミン ホーチミン Ho Chi-Minh

2件 の用語解説(ホーチミンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホー‐チミン(Ho Chi-Minh)

[1890~1969]ベトナムの政治家。植民地解放の志を抱いてグエン=アイコク(阮愛国)の名でフランスに滞在中、社会主義運動に参加。1920年フランス共産党の創設に参加後はソ連・中国で活動。1930年、インドシナ共産党を結成。1941年、ベトナム独立同盟(ベトミン)を組織し、第二次大戦中は抗日解放戦を指導。1945年にベトナム民主共和国の建国を宣言。初代大統領となり、インドシナ戦争ベトナム戦争を戦い抜き、独自の社会主義建設を指導した。
[補説]「胡志明」とも書く。
ベトナム南部の特別市。サイゴン川下流にある。メコン川デルタの米の集散地。旧称サイゴン。1975年まで南ベトナムの首都であったが、南北統一後にホー=チミン初代大統領を記念して改称。人口、行政区593万、都市圏712万(2009)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ホーチミン【胡志明】

○1890~1969) ベトナムの政治家。フランスで民族解放運動に参加、1930年インドシナ共産党を結成、41年ベトミンを組織して抗日・抗仏運動を指導。45年ベトナム民主共和国を成立させ初代大統領となりインドシナ戦争・ベトナム戦争に対処、社会主義建設と祖国統一を推進した。 〔「胡志明」とも書く〕
◇ ベトナム南部の中心都市。南シナ海に注ぐサイゴン川の下流西岸に位置する河港都市。メコン川流域の米作地帯を控え、米・トウモロコシの集散が盛ん。旧称サイゴン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホーチミンの関連キーワードキッシンジャーベトコンホーチミン市ベトナム独立同盟会越僑西沙諸島ベトナム共和国日本ベトナム間賠償借款協定川本邦衛チュオン・チン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホーチミンの関連情報