ソクチョ(束草)市(読み)ソクチョ(英語表記)Sokch'o

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソクチョ(束草)〔市〕
ソクチョ
Sokch'o

韓国,カンウォン (江原) 道の北東部,日本海岸にある港湾都市。 1963年市制。市街はチョンチョ (青草) 湖と日本海を結ぶ水路の両岸に立地。漁村であったが,南に接するヤンヤン (襄陽) 郡で鉄鉱山が開発されたため,1937年以降その積出港として発達した。沖合いはイカ,スケトウダラなどの好漁場であるため,漁期には転入で人口が増える。湖は 500t級の船舶が出入りでき,漁船の避難港,沿岸航路の寄港地として利用される。ソウルまで高速バスと定期航空路がある。西部のソラク (雪岳) 洞はソラク山登山口で,古刹の神興寺がある。面積 89km2。人口7万 3796 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android