転入(読み)テンニュウ

  • こげい・る
  • ころびい・る
  • てんにゅう ‥ニフ
  • てんにゅう〔ニフ〕
  • まろびい・る

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
他の土地からその土地へ移り住むこと。「隣県から転入する」「転入届」⇔転出
他の学校から移ってくること。「新学期から転入する」「転入生」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ四〙 ころげて、はいる。ころげこむ。
※狂言記・末広がり(1660)「まづ此方へこげいって、鰻の鮨をば、ゑいやっと頬張ってようか酒を飲めかし」
〘自ラ四〙 ころぶようにして中にはいる。ころびながらはいる。
※平家(13C前)八「互におとらぬ大力なれば、うへになり、したになり、ころびあふ程に、川岸に淵のありけるにころびいりて」
〘名〙
① 別の所から転じてはいること。
※正法眼蔵(1231‐53)法華転法華「涌出も転入も、凡夫二乗にならはざれ」
② 他の土地からその土地へ、公の手続きを経て移り住むこと。
※引越やつれ(1947)〈井伏鱒二〉西南館「東京に早く転入したいと気があせって」
③ 他の学校から転校して来ること。
※受胎(1947)〈井上友一郎〉「差当り草八のなすべきことは適当な学校への転入である」
〘自ラ四〙 ころがってはいる。また、ころがるようにしてはいる。ころげこむ。まろびこむ。
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「この水の音けはひをきくに、われもまろびいりぬべく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android