コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソグド文献 ソグドぶんけん

1件 の用語解説(ソグド文献の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ソグドぶんけん【ソグド文献】

中世イラン語ソグド語で書かれた文献。宗教文献と世俗文献とに大別できる。宗教文献中,残された量において最大のものは仏典類である。そのほとんどは敦煌の千仏洞の一つから発見された。一方,トゥルファン(吐魯番)からはマニ教やキリスト教の経典類も発見されている。世俗文献中,敦煌の西方で発見された書簡類はソグド文献における最も早い時代のもので,ヘニングW.B.Henningはこれを4世紀初頭に書かれたと推定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone