ソグド文献(読み)ソグドぶんけん

世界大百科事典 第2版の解説

中世イラン語のソグド語で書かれた文献。宗教文献と世俗文献とに大別できる。宗教文献中,残された量において最大のものは仏典類である。そのほとんどは敦煌千仏洞の一つから発見された。一方,トゥルファン(吐魯番)からはマニ教キリスト教の経典類も発見されている。世俗文献中,敦煌の西方で発見された書簡類はソグド文献における最も早い時代のもので,ヘニングW.B.Henningはこれを4世紀初頭に書かれたと推定している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android