ソコルル・メフメト・パシャ(読み)そこるるめふめとぱしゃ(英語表記)Sokull Mehmet Paşa

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソコルル・メフメト・パシャ
そこるるめふめとぱしゃ
Sokull Mehmet Paşa
(1505―1579)

オスマン帝国のスレイマン1世、セリム2世、ムラト3世の治世、約14年にわたって務めた大宰相。ボスニア郊外の村に生まれ、デウシルメ(キリスト教徒男児の強制徴集)され、エディルネ宮廷で教育を受けた。門衛長官として出廷し、海軍提督、ルーメリ州の知事を歴任。テメシュバル(現ルーマニアのティミショアラ)の攻略に功があり大臣に就任した。1561年、スルタンのセリム2世の娘と結婚。64年に大宰相職につき、死亡するまで、ボルガ・ドン運河の開削計画、キプロス島・チュニジアの征服、モロッコをオスマン帝国の保護下に置くなど、行政に手腕を発揮したが、1579年暗殺された。

[永田真知子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android