ソビエツカヤガバン(英語表記)Sovetskaya Gavan'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ソビエツカヤガバン」の解説

ソビエツカヤガバン
Sovetskaya Gavan'

ロシア東部,ハバロフスク地方の都市。ハバロフスクの東約 400km,タタール海峡にのぞむ港湾都市。同海峡から入する深く狭い湾の南東岸に位置する天然の良港で,1853年発見されたが,開発が始ったのは第1次世界大戦以降である。 1947年コムソモーリスクナアムーレを経てシベリア横断鉄道支線が通じてから,重要な港湾として発展。漁業が盛んで,水産加工,船舶修理,製材などの工業がある。人口3万 5400 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android