コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソファラ Sofala

世界大百科事典 第2版の解説

ソファラ【Sofala】

東アフリカ,モザンビーク中南部,ほぼ南緯20゜のプングエ川の河口近くに位置する港町。10~15世紀,インド洋交易の一環として,現在のジンバブウェ共和国南部に栄えたモノモタパ王国に産出する金の積出港として発達した。長いあいだ北方の沿岸都市キルワの支配下にあり,その金はアラビア半島,インド,中国まで運ばれた。16世紀初めからポルトガルの支配下に入り,ポルトガルは伝説のモノモタパの金を求めてソファラから内陸部へと進出し,ポルトガル領モザンビークが植民地として成立することになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソファラ

ノバソファラ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソファラの関連キーワードモザンビーク(国)ジンバブエ遺跡イニャンバネアフリカ史ベイラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android