コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソファラ Sofala

世界大百科事典 第2版の解説

ソファラ【Sofala】

東アフリカ,モザンビーク中南部,ほぼ南緯20゜のプングエ川の河口近くに位置する港町。10~15世紀,インド洋交易の一環として,現在のジンバブウェ共和国南部に栄えたモノモタパ王国に産出する金の積出港として発達した。長いあいだ北方の沿岸都市キルワの支配下にあり,その金はアラビア半島,インド,中国まで運ばれた。16世紀初めからポルトガルの支配下に入り,ポルトガルは伝説のモノモタパの金を求めてソファラから内陸部へと進出し,ポルトガル領モザンビークが植民地として成立することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソファラ

ノバソファラ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソファラの関連キーワードモザンビーク(国)ジンバブエ遺跡イニャンバネアフリカ史ベイラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android