コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフトABS(読み)ソフトエービーエス

百科事典マイペディアの解説

ソフトABS【ソフトエービーエス】

ABS洗剤アルキル基Rが枝分れした形のものは化学的に安定すぎ,バクテリアによって分解されず,河川面での発泡(はっぽう),下水処理困難などの問題をひき起こし,使用が規制された。これに対し,直鎖のアルキル基をもつもの(LAS)はバクテリアにより容易に分解され,以上のような困難がない。前者(ハードABS)と区別するため,後者をソフトABSと呼んだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のソフトABSの言及

【ABS洗剤】より

…しかし,これは側鎖アルキル基が分枝構造のため,廃水中で微生物により生分解されずに残留し(ハードABS洗剤),かえって土壌菌を殺したり,河川面の発泡,下水処理困難など洗剤公害の原因となった。そのため,生分解性の直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム,または他の生分解性界面活性剤がソフトABS洗剤として家庭用に広く用いられるようになった。これは直鎖構造をもつことからLAS(linear alkylbenzene sulfonateの略)洗剤ともいう。…

※「ソフトABS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android