コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソモサ一族 ソモサいちぞくLa familia Somoza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソモサ一族
ソモサいちぞく
La familia Somoza

1930年代以来ニカラグアを支配していた一族。アナスタシオ・ソモサ・ガルシア Anastasio Somoza García (1896~1956) は,1933年同国の国家警察隊長官となり,国の実権を握り 37~47,50~56年大統領として,また実力者として同国を独裁的に支配した。その政治力,軍事力と巨大な財力でソモサ一族の支配は不動のものとなった。 56年9月に彼が暗殺されたのちも,息子のルイス・ソモサ・デバイレ Luis Somoza Debayle (1922~67) が 57~63年大統領をつとめた。さらにその弟アナスタシオ Anastasio Somoza Debayle (25~80) が 67~72,74~79年大統領になるなどソモサ一族による支配が続いた。しかしアナスタシオは 79年7月内戦で辞任し,アメリカ合衆国,ついでパラグアイに亡命。同国のアスンシオンで暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ソモサいちぞく【ソモサ一族】

ニカラグアの特権的家族。富農出身で国家警備隊の長官だったアナスタシア=ソモサ(1896~1956)が1936年にクーデターを起こし大統領に就任後、親子二代にわたって国の経済・政治を独占。79年のニカラグア革命で権力失墜。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ソモサ一族の関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲ネグリチュード映画理論カリブ文学新心理主義