コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルダム soldum

デジタル大辞泉プラスの解説

ソルダム

山梨県甲州市で生産されるスモモ。中生。果皮は紫紅色、果肉は鮮紅色で、甘みが強く、果汁が多い。アメリカで育成され導入。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ソルダム【soldum】

スモモの一品種。日本産スモモの改良種。果実は径4、5センチメートルで、果皮は黄色または紫紅色。果肉は鮮紅色で酸味があるが甘い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のソルダムの言及

【スモモ(李)】より

…現在の日本の栽培品種の多くはアメリカで育成されて逆導入されたものである。主要品種にはビューティ,大石早生(わせ),サンタローザ,フォーモーサ,大石中生(なかて),ソルダム,レートソルダムなどがある。 スモモ亜属は北半球温帯に約30種が分布し,野生種の果実は調理の味つけや果実酒に利用されるが,ヨーロッパで栽培されてきたものにセイヨウスモモ(ヨーロッパスモモともいう)P.domestica L.(英名garden (European) plum)がある。…

※「ソルダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソルダムの関連キーワードスモモ・プルーンスモモ(李)山梨県甲州市李・酸桃改良種酸桃果実

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソルダムの関連情報