コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸桃/李(読み)スモモ

デジタル大辞泉の解説

す‐もも【酸桃/×李】

バラ科の落葉小高木。葉は長楕円形。春、白色の5弁花が密集して咲く。果実はに似てやや小さく、黄赤色に熟し、少し酸味があり、食用。中国の原産。古くから日本でも栽培され、ソルダムサンタローザ巴旦杏(はたんきょう)などの品種を日本スモモと総称する。近縁の西洋スモモはプルーンという。プラム。 実=夏 花=春》「葉隠れの赤い―に鳴く小犬/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

酸桃 (スモモ)

学名:Prunus salicina
植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android