コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルビタン sorbitan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソルビタン
sorbitan

ソルビットの分子内脱水生成物。工業的につくられるのは1,4-,3,6-,および1,5-ソルビタン,1,4-,3,6-ソルビドの混合物である。ソルビタン混合物とラウリン酸パルミチン酸ステアリン酸オレイン酸などのエステルは親油性の大きい非イオン性界面活性剤として重要で,スパン系と呼ばれる。これを,さらにエチレンオキシドと反応させると親水性の活性剤が得られる。これはトゥイーン系と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソルビタンの関連キーワードソルビタンエステルソルビット消泡剤

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android