コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルブ語 ソルブごSorbian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソルブ語
ソルブご
Sorbian language

ウェンド語,ラウジッツ語とも呼ばれる。ドイツの東部,シュプレー川上流の地域で話される言語高地ソルブ語低地ソルブ語とに分れ,いずれも学校教育が行われている。話し手は 10万人程度。スラブ語派の西スラブ語群に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソルブご【ソルブ語 Sorbian】

スラブ語派の西スラブ諸語に属する言語。ベンド語Wendischあるいはラウジッツ語Lausitzischともいう。旧東ドイツ南東部,シュプレー川の上流地帯で話され,言語人口は10万内外といわれている。この言語はかつてドイツ東部に広く存在していた言語のなごりで,この言語の話し手はドイツ語との二重言語使用者が多い。ドイツ化の嵐にさらされており,ソルブ人地域でも都市はすでにドイツ化している。方言の差はかなり大きく,第2次世界大戦後この言語の存在が公認されたとき,上(かみ)ソルブ語(高地ソルブ語)と下(しも)ソルブ語(低地ソルブ語)の二つの文語を成立させている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ソルブご【ソルブ語】

ドイツ、ポーランド、チェコの国境付近で話されている西スラブ系の言語。ドイツに同化して消えた少数民族の言語が多い中で現在でも残っている数少ない言語の一つ。ドイツへの同化が進み話者数は減少している。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ソルブ語の関連キーワードポーランド語ウェンド語バウツェンブディシンポーランド少数民族チェコ語チェコ同化

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android