しも(読み)シモ

デジタル大辞泉の解説

しも[助動]

[助動][しも(しま)|しも(しむ)|しも(しむ)|しも(しむ)|○|しめ]《尊敬の助動詞「しもう」の音変化》四段・ナ変動詞の未然形に付く。軽い尊敬の意を表す。…なさる。→さしもしむしもう
「斉王は張儀をにくましめども、今、梁を伐(う)たしもは」〈史記抄張儀伝〉
[補説]「せたまふ」の音変化形「しまう」が転じたもので、室町後期に用いられた。

し‐も[連語]

[連語]《副助詞「し」+係助詞「も」》名詞、副詞、活用語の連用形および連体形、助詞などに付く。
上の語を特に取り立てて強調する意を表す。それこそ…も。…もまあ。「だれしもが勝利を信じた」
(打消しの語を伴って)
㋐打ち消しの意を強める。…も。
「いとかう―見えじとおぼししづむれど」〈桐壺
㋑部分的に強く打ち消そうとする意を表す。必ずしも。あながち…も。「望みなきにしもあらず」
「死は前より―来たらず、かねて後ろにせまれり」〈徒然・一五五〉
[補説]「おりしも」「まだしも」「かならずしも」などは一語副詞として扱われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しも

( 助動 ) ( しも(しま) ・しも(しもう) ・しも(しもう) ・しも(しもう) ・しまえ ・しめ(しまえ) )
〔中世後期の語〕
四段活用・ナ行変格活用の動詞の未然形に接続する。動作の主体に対して、尊敬の意を表す。お…になる。…なさる。 「何せうそ、おれに問はしもての用はそ/史記抄 8」 「いざ、さらばはやさしめ/狂言・麻生」 「死なしまうたと思はぬが臣子の道の心そ/史記抄 12」 〔 (1) 連用形・終止連体形には「しむ」の形も用いられる。→しむ(助動)。 (2) 一段活用・二段活用の動詞には「さしも」が用いられる〕 → さしも(助動)

しも

( 係助 )
〔助詞連語「しも」から〕
「まだしも」「今しも」「だれしも」「かならずしも」「これをしも」など、もっぱら慣用的な表現に用いられる。
特にそれだけを取り上げて強調する意を表す。 「折-夕日が山の端に入ろうとするころであった」 「高校生ならまだ-、大学生がこんなことをするとは」
(「だれしも」の形で)強い肯定の気持ちを表す。 「だれ-納得する結論だ」
(「かならずしも」の形で)否定の語と呼応して、部分否定の意を表す。 「大きな家に住んでいるが、かならず-生活は楽ではないらしい」

しも

( 連語 )
〔副助詞「し」に係助詞「も」の付いたもの〕
体言、活用語の連用形・連体形、副詞・助詞など、種々の語に接続する。
特に取り上げて強調する意を表す。 「夜や暗き道やまどへるほととぎすわが宿を-過ぎがてに鳴く/古今 」 「春の海に秋の木の葉-散れるやうにぞありける/土左」
(下に打ち消しの語を伴って)部分否定の意を表す。 「時に范蠡はんれい無きに-あらず」 「幾世-あらじ我が身をなぞもかくあまの刈る藻に思ひ乱るる/古今 雑下
(「時しもあれ」「折しもあれ」などの形で)「(他に)時もあろうに」「折も折」など、強調表現として用いる。 「時-あれ秋やは人のわかるべきあるを見るだに恋しきものを/古今 哀傷」 「折-あれいかに契りて雁金の花の盛にかへりそめけむ/後拾遺 春上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐も

(副助詞「し」に係助詞「も」の重なったもの) 文中の連用語を受けてそれを特示強調する副助詞として働く。この下にさらに重なる助詞は係助詞のみである。「も」助詞の味により、わずかの差ながら用法を分つことができる。
(イ) 体言・体言と同資格の語句・活用語連用形・助詞・副詞等を受け、受ける語句を特定強調する。
※古事記(712)下・歌謡「下(し)づ枝の 枝の末葉(うらば)は〈略〉瑞玉盞(うき)に 浮きし脂 落ちなづさひ 水(みな)こをろ こをろに 是(こ)斯母(シモ) あやに畏し」
※土左(935頃)承平五年一月四日「このかうやうに物もて来る人になほしもえあらで、いささけわざせさす」
(ロ) 主として「必ずしも・ずしも・としも・にしも」等の形をとり、下に打消の語を伴って、部分否定の表現となる。下に打消を伴う場合の多くはこの用法である。→補注
※続日本紀‐天平宝字八年(764)一〇月一四日・宣命「人の能(よ)けむと念ひて定むるも、必ず能(よ)之毛(シモ)あらず」
※徒然草(1331頃)五八「道心あらば、住む所にしもよらじ」
(ハ) 「しも(こそ)あれ」の形で、強調表現となる。「時しもあれ」「折しもあれ」が最も多く、「折も折」「(他に)時もあろうに」等の意を表わす。中古に現われた用法。
古今(905‐914)哀傷・八三九「時しもあれ秋やは人のわかるべきあるを見るだに恋しき物を〈壬生忠岑〉」
※源氏(1001‐14頃)総角「事しもこそあれ。うたて、あやしと思(おぼ)せば物もの給はず」
[補注]「にしも…ず」の形をとりながら、部分否定でなく、単なる強調の用法もある。「梁塵秘抄‐二」の「甲斐の国より罷り出でて、信濃の御坂をくれくれと、遙々と、鳥の子にしもあらねども、産毛も変はらで帰れとや」や「徒然草‐一〇四」の「俄にしもあらぬ匂ひ」など。

しも

〘助動〙 (活用→語誌(1)。四段・ナ変動詞の未然形に付く) 尊敬の意を表わす。主として室町時代に用いられた。一、二段活用型の活用語には「さしも」が用いられる。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)賈誼第一八「顧成之庿は生れていらしも時の生庿ぞ」
※史記抄(1477)一二「今日の御出がをそく御出あると云て、死なしまうたと不思が臣子の道の心ぞ」
[語誌](1)活用形には、(未然)しも・しま、(連用)しも・しもう・しむ、(終止・連体)しも・しもう・しむ、(已然)しまえ、(命令)しめ・しまえ、が見られ、「しも」の系列と「しむ」の系列があるが、これらは、同様の用法をもつ。「しまう・しもう」(連用・終止・連体形「しま(も)う」音便形「しまっ」、命令形「しまえ」)と合わせ考えると、室町時代の口語における語形変化を反映したもので、シマウ→シモウ→シモ→シムのように変化したものとみられる。
(2)「しも」と「しむ」については、「漢書抄」「史記抄」など初期の抄物ではほとんど「しも」に限られているのに対して、後期の抄物では「しむ」が優勢になっている。室町時代末期には命令形「しめ」のみが存続した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しもの関連情報