コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソログーブ Sologub, Fëdor Kuz'mich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソログーブ
Sologub, Fëdor Kuz'mich

[生]1863.3.1. ペテルブルグ
[没]1927.12.5. レニングラード
ロシアの詩人,小説家。本名 Teternikov。職人の家に生れ,母の奉公先の援助で師範学校を卒業し,中学校の教師となった。 1890年代『北方通報』誌で活躍,前期シンボリズムの代表的詩人となった。 1907年退職し,以後文筆に専念。極端な厭世観に満ちた悪魔主義的色彩の濃い作品を多く発表した。彼を最も有名にしたのは,長編小説『小悪魔』 Malyi bes (1905) で,ここでは俗悪愚劣な田舎町の生活がゴーゴリ的な筆致で描き出されている。そのほか,詩集『炎の輪』 Plamennyi krug (09) ,戯曲『死の勝利』 Pobeda smerti (07) ,長編小説『幽霊の妖術』 Nav'i chary (08~09) 。ロシア革命後も国内に残り,孤独のうちにその生涯を終えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソログーブの関連キーワードコミサルジェフスカヤ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android