コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島名左衛門 なかじま なざえもん

2件 の用語解説(中島名左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島名左衛門 なかじま-なざえもん

1817-1863 江戸時代後期の兵法家。
文化14年生まれ。高島秋帆(しゅうはん)の門で西洋砲術をまなぶ。文久3年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩にまねかれ,砲術教授,砲台築造にかかわる。同年5月29日下関で暗殺された。47歳。肥前高来郡(長崎県)出身。本姓は中村。名は喜勝。号は松堂。通称は別に孝平。著作に「三兵答古知機」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中島名左衛門

没年:文久3.5.29(1863.7.14)
生年:文化14(1817)
幕末の洋式兵学者。長州(萩)藩士。諱は喜勝。長崎生まれ。高島秋帆 の門に入って洋式砲術を学ぶ。安政6(1859)年長州藩に招かれて洋式砲術を藩士たちに指導し,また藩の方針に従って軍制を西洋式に改革する。文久3(1863)年,攘夷に備えて下関砲台の築造工事を命じられ,日夜工事を督励して完成させた。下関砲撃事件(1863)において4国連合艦隊と砲撃戦を交えた長州藩の砲台は,このとき名左衛門が指導して建造したものである。彼の重用を嫉視する藩士によって襲撃され落命した。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中島名左衛門の関連キーワード池田安正池部啓太上田帯刀下曾根金三郎田結荘千里鍋島茂義成田正右衛門原田一道星恂太郎村上範致

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone