グリュックスボー朝(読み)ぐりゅっくすぼーちょう(英語表記)Glücksburgske Linie

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリュックスボー朝
ぐりゅっくすぼーちょう
Glcksburgske Linie

1863年以来のデンマークの王朝。オレンボー朝(1448~1863)の一分家。オレンボー朝フレゼリク7世が1863年嗣子(しし)のないまま没し、ロンドン条約(1852)に基づいてグリュックスボー家のクリスティアン公が王位を継承して当王朝の開祖となる。彼は妃ルイーセがフレゼリク7世の従妹(いとこ)であったことにより王位を継ぎ、クリスティアン9世(在位1863~1906)を名のった。長男はフレゼリク8世(在位1906~12)で、長女アレクサンドラは後のイギリス王エドワード7世に嫁ぎ、二男ウィルヘルムはギリシア王位につき、ゲオルギウス1世を名のる。また、二女ダウマーはロシア皇帝アレクサンドル3世に嫁ぎ、王家としての名は高い。ちなみに、フレゼリク8世の二男カールは、1905年ノルウェーのスウェーデンからの独立に際しホーコン7世としてノルウェーの王位についた。1953年の憲法改正に際して、1665年の王法以来の「女系」継承権の容認をさらに進めて「女性」継承権を確立し、現在のデンマーク女王マルグレーテ2世Margrethe (1972即位)の王位継承への道を開いた。[村井誠人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android