コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロド solod

1件 の用語解説(ソロドの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ソロド

過剰のナトリウムが溶脱を受けて分解したアルカリ土.粘土および三二酸化物(sesquioxide)は溶脱して下の土壌断面に向い,炭酸カルシウムの欠如した漂白された溶脱層位を形成する.この作用はポドゾル化作用に類似している[Robinson : 1936, Eye : 1970].ソロネッツの溶脱がさらに進んだ土壌で,A層は厚く弱酸性を示し,ナトリウムの溶脱に伴って粘土の洗脱が起こるため砂質となり,B層は緻密な粘土集積層である[木村ほか : 1973].この名称はロシア語の塩の意味に由来するので種々の綴りがあり,どれが本来のものかよくわからない.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソロドの関連キーワード塩素酸ナトリウム高ナトリウム血症酢酸ナトリウム亜硝酸ナトリウム珪酸ナトリウムサリチル酸ナトリウム塩化金酸ナトリウム低ナトリウム血ソロティゼーションソロネッツ土

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソロドの関連情報