ソロド(英語表記)solod

岩石学辞典の解説

ソロド

過剰のナトリウムが溶脱を受けて分解したアルカリ土粘土および三二酸化物(sesquioxide)は溶脱して下の土壌断面に向い,炭酸カルシウムの欠如した漂白された溶脱層位を形成する.この作用はポドゾル化作用に類似している[Robinson : 1936, Eye : 1970].ソロネッツの溶脱がさらに進んだ土壌で,A層は厚く弱酸性を示し,ナトリウムの溶脱に伴って粘土の洗脱が起こるため砂質となり,B層は緻密な粘土集積層である[木村ほか : 1973].この名称はロシア語の塩の意味に由来するので種々の綴りがあり,どれが本来のものかよくわからない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android