コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンパン(松潘)湿原 ソンパンしつげんSrung phhan; Songpan caodi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンパン(松潘)湿原
ソンパンしつげん
Srung phhan; Songpan caodi

中国南部,スーチョワン (四川) 省北西部,アパ (阿 壩) チベット (蔵) 族チャン (羌) 族自治州の北部にある大湿原。チベット高原の東端,アムニェマチェン (阿尼瑪卿) 山脈とミンシャン (岷山) 山脈にはさまれてホワン (黄) 河が南東流から北西流へ鋭く湾曲した地点の東方に広がる。草地の間に多くの沼沢が分布し,一部が牧畜に利用されるほかは居住は不可能とされていた。 1935年8月,長征途上の紅軍が湿地に吸込まれて多数の犠牲者を出し,長征最大の試練を受けた場所として名高い。人民共和国成立後,排水路などが建設され,多くの放牧地や農地が開かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソンパン(松潘)湿原の関連キーワードアパ(阿壩)チベット(蔵)族チャン(羌)族自治州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android