ソン・ゴク・タン(読み)ソンゴクタン

百科事典マイペディアの解説

ソン・ゴク・タン

カンボジアの民族主義者,政治家。1942年反仏運動を組織して逮捕され,脱走して日本に亡命。1945年の日本軍による仏印軍の武装解除後,カンボジア新政府の外相。日本降伏後に首相となったが,1945年10月のフランス軍再進駐で逮捕され,反逆罪で禁錮20年の刑を受けフランスで服役した。カンボジア政府の対仏交渉で,1951年,政治活動からの引退を条件に釈放され帰国したが,完全独立を要求して地下に潜入,クメール・イッサラの指導者の一人となった。1954年のカンボジアの完全独立後は,シアヌーク国王と対立し,タイに亡命,シアヌークの中立政策に反対して右派勢力と結んだ。1972年のロン・ノル政権では第1国防相(首相格),1975年の同政権崩壊後はベトナムに亡命した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ソン・ゴク・タン
Son Ngoc Thanh


? - 1982
カンボジアの反仏・反王政・共和派民族主義者。
元・カンボジア新政府首相,元・クメール共和国第1国務相。
チャビン(ベトナム)生まれ。
1942年反仏デモを指導して逮捕されるが、脱走し日本へ亡命する。’45年日本軍の仏印軍武装解除後、カンボジア新政府外相を経て、首相となる。しかし、再進駐のフランス軍に逮捕され、禁固20年の判決でフランスで服役する。’51年釈放後、完全独立を求めて地下活動に入り、’54年独立後シアヌーク国王に忠誠を誓うが拒否されタイへ亡命する。’72年クメール共和国第1国務相となるが、’75年ロン・ノル政権崩壊によりベトナムへ逃れる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android