コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーシャルDRM ソーシャルディーアールエム

デジタル大辞泉の解説

ソーシャル‐ディーアールエム【ソーシャルDRM】

social DRM違法コピーを抑止するデジタル著作権管理(DRM)の方式の一。主に電子書籍の分野で採用される。利用者が電子書籍を購入すると、電子透かしで個人情報がデータに書き込まれるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ソーシャルDRMの関連キーワードデジタル著作権管理DRM生体膜マイクロドメインDTCPラウシェンブッシュセキュアDTCP-IPDRMフリーWindows Media VideoWindows Media Player

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android