コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーダー sodar

世界大百科事典 第2版の解説

ソーダー【sodar】

sonic radarまたはsound radarの略で,音波レーダーともいう。マイクロ波のかわりに音波を用いるレーダー。音波の散乱を測定することによって,大気中の温度分布などのようすがわかる。また,ドップラー効果を利用すれば,風速も測定することができる。同一の測器を送受信の両方に使用する方法と,送信と受信を離れた所に置いた測器で行う方法とがある。通常,高さの範囲が数十mから数百mまでの観測に適している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソーダーの関連情報