ソ連・イラン条約(読み)ソれんイランじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

ソれんイランじょうやく【ソ連・イラン条約】

1921年2月26日,ソ連とレザー・シャー・パフラビーによるクーデタ直後のイランとのあいだに結ばれた条約。帝政時代のロシア・イラン間の不平等条約に代わる対等の条約。その第6条は,第三国によるソ連への脅威が生ずる場合,ソ連軍がイラン領に駐留する権利をソ連に認めていた。この条約にもとづいて,第2次大戦中,ソ連軍がイランに駐留した。イランは79年イラン革命直後,第6条と第5条がイランの主権を侵すものとして一方的破棄を宣言したが,ソ連はこれに同意しなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android