コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連・イラン条約 ソれんイランじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

ソれんイランじょうやく【ソ連・イラン条約】

1921年2月26日,ソ連とレザー・シャー・パフラビーによるクーデタ直後のイランとのあいだに結ばれた条約。帝政時代のロシア・イラン間の不平等条約に代わる対等の条約。その第6条は,第三国によるソ連への脅威が生ずる場合,ソ連軍がイラン領に駐留する権利をソ連に認めていた。この条約にもとづいて,第2次大戦中,ソ連軍がイランに駐留した。イランは79年イラン革命直後,第6条と第5条がイランの主権を侵すものとして一方的破棄を宣言したが,ソ連はこれに同意しなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android