コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイムイル半島 タイムイルはんとうpoluostrov Taimyr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイムイル半島
タイムイルはんとう
poluostrov Taimyr

ロシア中東部,東シベリア北部,クラスノヤルスク地方にある半島。ユーラシア大陸最北の陸塊で,東はラプテフ海,北西はカラ海,西はエニセイ湾に面する。面積約 40万km2。中央部を南西―北東方向に標高 500~1150mのブイランガ山脈が走り,北東部で最高点に達する。ブイランガ山脈の北と南は低平なツンドラ地帯で,タイムイル湖をはじめとする湖や湿地帯が多い。石炭が埋蔵されるが,ほとんど未開発。最北端はチェリュスキン岬で,岬の北にはビリキツキー海峡を隔てて,セーベルナヤゼムリャーが連なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タイムイル半島の関連キーワードオクチャーブリスカヤレボリューツィヤ島サモイェード語派コムソモーレツ島ボリシェビク島タイムイルガナサン族ネネツ族

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android