コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイムシェアリング方式 タイムシェアリングほうしきtime-sharing system; TSS

1件 の用語解説(タイムシェアリング方式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイムシェアリング方式
タイムシェアリングほうしき
time-sharing system; TSS

時分割処理方式ともいう。一定の時間内に複数の仕事がコンピュータを共用する形で処理される方式。プログラムは,端末入出力操作と中央コンピュータの内部演算処理とから成る。コンピュータの入出力速度と演算速度とでは,前者は後者よりはなはだ遅く,前者の速度で処理時間が制限される。これでは不経済なので,端末入出力装置を多くの個所に設置し,中央コンピュータの内部処理時間をうまく配分して,1台のコンピュータで多数の入出力装置を同時に制御するようにする。こうすれば,1台のコンピュータを多数の利用者が自由に共同使用できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タイムシェアリング方式の関連情報