コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイムシェアリング方式 タイムシェアリングほうしきtime-sharing system; TSS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイムシェアリング方式
タイムシェアリングほうしき
time-sharing system; TSS

時分割処理方式ともいう。一定の時間内に複数の仕事がコンピュータを共用する形で処理される方式。プログラムは,端末入出力操作と中央コンピュータの内部演算処理とから成る。コンピュータの入出力速度と演算速度とでは,前者は後者よりはなはだ遅く,前者の速度で処理時間が制限される。これでは不経済なので,端末入出力装置を多くの個所に設置し,中央コンピュータの内部処理時間をうまく配分して,1台のコンピュータで多数の入出力装置を同時に制御するようにする。こうすれば,1台のコンピュータを多数の利用者が自由に共同使用できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タイムシェアリング方式の関連キーワードオンラインリアルタイム・システムコンピュータ・ユーティリティオンラインシステムスーパーバイザタイムスライス時分割処理方式ページングCAI

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android