コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウンスケープ townscape

翻訳|townscape

1件 の用語解説(タウンスケープの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タウンスケープ【townscape】

都市の光景または眺望。視覚的,文化的な都市の諸要素から景観をとらえた概念で,おもに建築学,都市工学の分野で用いられる。1880年,風景画landscapeに対比して都市を描いた画題をこう呼んだのが英語の初出。カレンG.Cullenは《タウンスケープ》(1961)の中で,複数の建物,さらに樹木や水,交通,広告物などが集合することによって作り出される三次元の空間構成をタウンスケープと定義づけ,都市景観の構成諸要素を“関係づけて”,視覚的な喜びを実現するための技法を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タウンスケープの関連キーワード視覚的メタファーアーバニズム光景質感騙し絵眺望文化的オプティカル景観権アーバンツーリズム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タウンスケープの関連情報