コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウンスケープ townscape

翻訳|townscape

世界大百科事典 第2版の解説

タウンスケープ【townscape】

都市の光景または眺望。視覚的,文化的な都市の諸要素から景観をとらえた概念で,おもに建築学都市工学の分野で用いられる。1880年,風景画landscapeに対比して都市を描いた画題をこう呼んだのが英語の初出。カレンG.Cullenは《タウンスケープ》(1961)の中で,複数の建物,さらに樹木や水,交通,広告物などが集合することによって作り出される三次元の空間構成をタウンスケープと定義づけ,都市景観の構成諸要素を“関係づけて”,視覚的な喜びを実現するための技法を提唱した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android