コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タシュキョプリザーデ・アフメト Taş köprizade Ahmed

世界大百科事典 第2版の解説

タシュキョプリザーデ・アフメト【Taş köprizade Ahmed】

1495‐1561
オスマン帝国時代の学者。古いウラマーの家系の一員としてブルサに生まれ,マドラサの教授,カーディー(裁判官)の職を歴任。多数の著作を残す。とくにオスマン帝国の学者・神秘主義者の伝記集成である《シャカーイク・アンヌーマニーヤ》と,当時の諸学問についての百科全書というべき《ミフターフ・アッサアーダ》のアラビア語の2著作が有名。後者は,その子ケマレッディン・メフメトKemaleddin Mehmedによるトルコ語訳《メウズアト・アルウルーム》の形で広く知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タシュキョプリザーデ・アフメトの関連キーワード川中島の戦い土佐光信ビールサンガッロ小田原城小田原城跡小田原城武田信廉山本勘助グレバン

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android