コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タタバーニャ Tatabánya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タタバーニャ
Tatabánya

ハンガリー北西部の都市。ウェールテシュ山地とゲレチェ山脈の間に位置し,ブダペスト-ウィーン間の鉄道や道路が通じる。炭鉱の町として発達し,次第に関連諸工業が興り,特に第2次世界大戦後急速に発展。近隣にはボーキサイト鉱山もあり,アルミニウム工業が盛ん。人口7万 3854 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タタバーニャの関連キーワードハンガリーの春祭り

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android