コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タフ・リング タフリングtuff ring

1件 の用語解説(タフ・リングの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

タフ・リング

広い凝灰岩の火口で,ときに湖となっていることがある[Cotton : 1944].高さが低い割には火口径の大きい火砕丘の一種で,浅い海底や湖底などでマグマが水に接触して起こるマグマ水蒸気爆発に伴うことが多く,急冷破砕されたマグマの固結破片が低角度で四方に飛散して生じる.古い記述ではタフリングはタフコーンに含まれていることが少なくない[Casa, et al. : 1987,地学団体研究会 : 1996].陥没火口collapsed crater, pit erater)[Fenner : 1921].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone