コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タフ・リング タフリング tuff ring

1件 の用語解説(タフ・リングの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

タフ・リング

広い凝灰岩の火口で,ときに湖となっていることがある[Cotton : 1944].高さが低い割には火口径の大きい火砕丘の一種で,浅い海底や湖底などでマグマが水に接触して起こるマグマ水蒸気爆発に伴うことが多く,急冷破砕されたマグマの固結破片が低角度で四方に飛散して生じる.古い記述ではタフリングはタフコーンに含まれていることが少なくない[Casa, et al. : 1987,地学団体研究会 : 1996].陥没火口collapsed crater, pit erater)[Fenner : 1921].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タフ・リングの関連キーワード溶結凝灰岩凝灰集塊熔岩火山灰凝灰岩砕屑性凝灰岩集塊凝灰岩同時代性凝灰岩爆発凝灰岩玻璃凝灰岩マパモンテ粒状凝灰岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone