タブレット型コンピュータ(読み)タブレットがたコンピュータ(英語表記)tablet computer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノート型コンピュータスマートフォンの中間の大きさのコンピュータ。初期のものは従来型のキーボードかタッチペン(スタイラス)を使う入力が多かったが,今日ではディスプレイにじかに触れて操作するタッチスクリーン式が主流。1957年の Stylator,1961年の RAND Tabletのようなタッチペンを使ったコンピュータ入力機器を前身とする。1968年にはアメリカ合衆国のユタ大学の大学院生アラン・ケイが小型で高性能なタブレット型コンピュータ(のちの「ダイナブック Dynabook」)の構想を発表したが,実現にはいたらなかった。1987年に発表されたケンブリッジ・リサーチの Z88とリーナス・テクノロジーズの Write-Topが,最初のタブレット型コンピュータである。Z88は重さわずか 900gで,フロッピーディスクドライブ内蔵のため 4kgの重さがあった Write-Topに比べて,はるかに持ち運びが容易だった。2010年,アップルiPadを発表。iPadは,9.7インチのタッチスクリーンを搭載した厚さ約 12mm,重さ約 700gのタブレット型コンピュータで,基本操作は同社のスマートフォン iPhoneと同じ。アップルは大手出版社数社と提携して iPad用の電子書籍(→電子出版)アプリケーション iBooksを開発,iBookストアも開設した。iPadに続いて,サムスン電子のギャラクシータブ Galaxy Tab,モトローラのズーム Xoom,ヒューレット・パッカードのタッチパッド Touchpad,アマゾン・ドット・コムのキンドル・ファイア Kindle Fireなどが続々と発売された。2009年には 200万台だった全世界のタブレット型コンピュータの売り上げは,翌 2010年には 2000万台へと爆発的に増加した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android