コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルレ タルレ Tarle, Evgenii Viktorovich

3件 の用語解説(タルレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルレ
タルレ
Tarle, Evgenii Viktorovich

[生]1875.11.8. キエフ
[没]1955.1.5. モスクワ
ソ連の歴史家。ユーリエフ大学,ペテルブルグ大学モスクワ大学の各教授を歴任,早くからフランス革命期および第一帝政期の社会経済史家として知られる。博士論文は『フランス革命期における労働者階級』 Classe ouvrière en France à l'époque de la Révolution (2巻,1909~11) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タルレ【Evgenii Viktorovich Tarle】

1875‐1955
ソ連邦の歴史家。キエフ大学卒。ユリエフ(現,タルトゥ),レニングラード,モスクワ大学等の教授を歴任。《ピエトロポンポナッツィとその学説》(1899)を世に問うて以来,イタリア,フランス,イギリスロシア等の歴史および国際関係史,伝記等を次々と発表。しだいにマルクス主義的色彩を強くした。《ナポレオン》(1936),《タレイラン》(1939),《ナポレオンのロシア侵入》(1937)などは名著の誉れ高く,西欧語に翻訳されているものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルレ
たるれ
Евгений Викторович Тарле Evgeniy Viktorovich Tarle
(1875―1955)

ソ連の歴史家。キエフ大学を卒業し、1917年ペトログラード大学(のちレニングラード大学)の教授に就任。レニングラード大学、モスクワ大学の教授を歴任した。フランス近代史、国際政治史、革命前のロシアの外交史を研究し、『革命時代のフランスの労働者階級』(2巻、1909~11)、『クリミア戦争』(2巻、1941~43)などを著した。30年代に一時学界から退けられていたが、まもなく復帰し、『ナポレオンのロシア侵入』(1937)、『ナヒーモフ』(1940)など愛国的色彩の濃い著作を発表し、スターリン賞を三度受けた。57年から62年にかけて、12巻の著作集が出版された。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タルレの関連キーワードキエフ公国グレコフソ連邦EHカーバシリエフスキー島ユリエフ修道院アトリエフォンテーヌキエフテレビタワーキエフ・バレエ団キエフ大公

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タルレの関連情報