コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンキス(唐基勢) タンキスTangkishi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンキス(唐基勢)
タンキス
Tangkishi

[生]?
[没]1335
中国,元朝末期の権臣。キプチャク人。権臣エル・テムル (燕鉄木児) の子。元統1 (1333) 年順帝の即位とともに御史大夫となり,翌年高麗女直漢軍万戸府ダルガチ (達魯花赤) となり,至元1 (35) 年には妹を皇后に立て,叔父サトン (撒敦) の死後中書左丞相の位を継ぎ,父以来の権勢を保持したが,順帝の寵を得てバヤン (伯顔) が専権をふるっていたのを怒り,順帝の廃位をはかったが発覚。誅に伏し,一門も多く殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タンキス(唐基勢)の関連キーワード西園寺公宗諏訪頼重護良親王白旗城南北朝時代(日本)イルハン国竹下の戦い中先代の乱宝戒寺護良親王

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android