ターゲットマーケティング(読み)たーげっとまーけてぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ターゲットマーケティング

急速に変化する市場に対応していくためのマーケティング手法。市場の多様なニーズに対応するために、年齢・性別・地域・趣味趣向など、ある種の条件付けによって市場全体を細かく区分、その中で自社製品やサービスに応じてターゲットを絞り込むことで、自社の製品をその標的市場の特有のニーズに適合させる。この3つのプロセスはそれぞれ、市場細分化セグメンテーション)、標的市場の選択(ターゲッティング)、商品(製品:プロダクト)のポジショニングと呼ばれ、頭文字からSTPマーケティングと呼ばれることもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ターゲットマーケティングの関連情報