コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターゲット・マーケティング たーげっとまーけてぃんぐ

2件 の用語解説(ターゲット・マーケティングの意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ターゲット・マーケティング

ニーズが多様化した市場に対応していくためのマーケティングの手法。市場の多様なニーズに対応するために、市場全体を細かく区分し、その中の1つないしいくつかにターゲットを絞り、自社の製品をその標的市場の特有のニーズに適合するように位置づけていく。この3つのプロセスそれぞれ市場細分化セグメンテーション)、標的市場の設定(ターゲティング)、製品のポジショニングと呼ばれ、その頭文字をとってSTPマーケティングと呼ばれることもある。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

DBM用語辞典の解説

ターゲット・マーケティング【target marketing】

特定のデモグラフィックやライフスタイルの特徴、あるいは購買パターンを持つ消費者に、直接行われる広告やプロモーション活動のこと。個々の広告聴衆者に、広告やマーケティングのコミュニケーションをターゲットするプロセスのことで、ダイレクト・メールテレマーケティングが典型的で、見込客・既存顧客の名前や住所のリストに頼る。雑誌、カタログ、あるいはクレジット・カード会社などの外部情報源からそのようなリストを借りたり、自社のマーケティングによって情報収集したデータベースを利用する場合もある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
DBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ターゲット・マーケティングの関連情報