タートルアン(英語表記)That Luang

デジタル大辞泉の解説

タート‐ルアン(That Luang)

ラオスの首都ビエンチャンにある仏教寺院。市街東部の小高い丘の上に位置し、高さ45メートルの黄金の大仏塔の周囲を小仏塔が囲む。16世紀、ランサン王朝第18代王セーターティラートの命により、クメール様式のかつての仏塔の廃墟建造。19世紀にタイの侵攻を受けて破壊されたが、1930年代に再建伝承によれば3世紀頃にインドから釈迦胸骨がもたらされ、同寺院が建立されたという。同国シンボルとして知られ、国章にも描かれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android