コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターレガーニー Ṭāleqānī

世界大百科事典 第2版の解説

ターレガーニー【Ṭāleqānī】

1910‐79
イランの宗教指導者(ウラマー)。イランのターレガーンの出身。聖都コムのレザビーエ,フェイジーエ両学院で学んだ後,セパフサーラール学院で教鞭をとった。第2次世界大戦ころから公然と反政府活動を行い,逮捕・投獄・追放を繰り返した。この間,1961年にはバーザルガーンらと〈イラン解放運動Nehzat‐e Āzādī ye‐Īrān〉を組織。イラン革命に際してはテヘランのウラマーのリーダーとして指導的役割を果たした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ターレガーニー
Tāleqānī


1910 - 1979
イランの解放運動指導者,宗教指導者。
ターレガーン生まれ。
セパフサーラール学院の教師を経て、第二次世界大戦ころから反政府運動を行い、逮捕、投獄、追放を繰り返す。この間1961年イラン解放運動を組織しイラン革命ではテヘランのウラマーのリーダーとして指導的役割を果たす。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ターレガーニーの関連キーワード新聞小説フレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候夏目漱石表現主義

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android