ダイスマン(英語表記)Deissmann, Gustav Adolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイスマン
Deissmann, Gustav Adolf

[生]1866.11.7. ナッソー
[没]1937.4.5. ベルリン
ドイツのルター派新約聖書学者。旧約聖書ギリシア語訳 (→セプトゥアギンタ ) と新約聖書原典とを言語学的,宗教史的に研究。ヘレニズム期のパピルスの研究により,新約聖書の言語が当時の民衆語,コイネー・ギリシア語であることを証明,新約聖書が特殊神聖な言葉で書かれたとの説を退けた。またパウロの書簡が,普通の私的手紙と同形式のものであることを立証して新約聖書解釈に新しい道を開いた。教会合同運動にも先駆的役割を果した。主著『光は東方より』 Licht vom Osten (1908,23) ,『パウロ』 Paulus (25) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android