コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイハツミラクオーレ

1件 の用語解説(ダイハツミラクオーレの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ダイハツミラクオーレ

1980年代の需要動向として、セカンドカー保有の増大、女性ドライバーの 急伸が予測された。それに適合させるべく省資源、省エネルギーは勿論の こと、軽自動車としての機能・有用性・価格を徹底的に追求し、新しいコンセプト の1.5ボックスカーを商用車のジャンルにおいて誕生させた。当時のこのような市場情勢に呼応させて、セカンドカーを奥様方へ提供 する風潮がより一層強くなった時代の車両である。保管場所ダイハツ工業株式会社 (〒563-8651 大阪府池田市ダイハツ町1番1号)
製作(製造)年1980
製作者(社)ダイハツ工業株式会社
資料の種類設計図・文献
現状公開
車名ダイハツ ミラ クオーレ
モデル名L55V-DKR
会社名ダイハツ工業株式会社
製作開始年1980
設計者ダイハツ工業
車種・用途軽四輪商用車
スタイル1.5ボックス型
ドア数3ドア
乗員2名
車両重量535
構造モノコック型
バンパーあり
ステップなし
全長3195
全幅1395
全高1370
タイヤサイズ゙前5.00-10-4PR ULT後5.00-10-4PR ULT
フレームなし
後軸リジッド デッド アクスル
軸距2150
前トレッドx後トレッド1205×1210
ステアリングラック ピニオン式
特徴前:ストラット型独立懸架方式後:セミトレーリングアーム型独立懸架方式
冷却/気筒配列水冷/直列2気筒
弁機構頭上カム軸ベルト駆動
気化器2バレル式
内径x行程71.6×68.0
排気量547
点火系バッテリー点火
最高出力/回転数29/6000
排気浄化点火時期ブローバイガス制御等
燃料タンク容量28リッター
ハイブリッドシステム形式なし
変速機常時噛合歯車式
駆動方式FF
モード燃費-
参考文献昭和55年6月9日 ダイハツ自動車販売株式会社発行「クオーレ新型車解説書」
その他事項積載重量:200;前照灯:2;ワイパー:あり;ワッシャー:あり;足ブレーキ:内部拡張型油圧式;手ブレーキ:レバー式;比出力PS/l:53;最終減速:5.470;最高速度(Km/h):105;燃費率(Km/l):26(60Km/h);

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイハツミラクオーレの関連キーワードセカンド・ブランド最終需要官需セカンドセカンドウインドセカンドカーセカンドハンドセカンドランセカンドカー割引セカンドワイン(セカンドラベル)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone