コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウプ ダウプDaub, Karl

1件 の用語解説(ダウプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウプ
ダウプ
Daub, Karl

[生]1765.3.20. カッセル
[没]1836.11.22.
ドイツプロテスタント神学者。 1795年ハイデルベルク大学神学教授となる。カント主義者として出発したが,のちにシェリングロマン主義ヘーゲルの思弁的神学の影響を受けた。主著『イスカリオテのユダ』 Judas Ischarioth (2巻,1816~18) ,『現代の教義学』 Die dogmatische Theologie jetziger Zeit (33) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダウプの関連キーワード中野碩翁過疎現象と市区町村合併自伝自伝文学ロマンス医学館蜘蛛の糸懺悔録十返舎一九事物紀原

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone