コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教義学 きょうぎがくdogmatics

翻訳|dogmatics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教義学
きょうぎがく
dogmatics

組織神学ともいい,カトリックなどでは教理 (義) 神学と称する。キリスト教神学の主要部門で,信徒の信ずべきこととされる教義,つまり啓示された真理を可能なかぎり知的に理解し,かつこの真理に対する反論が,それ自体内的に矛盾することを論証しようとするもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうぎ‐がく〔ケウギ‐〕【教義学】

キリスト教の諸教義を体系的に解説しようとする神学の一部門。→組織神学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうぎがく【教義学】

諸教義の解釈・批判を通じて、キリスト教の真理内容を組織的に論述する学問。組織神学の一部をなす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の教義学の言及

【教義】より

…教義は,その根底の教会的実存,その礼拝と信仰の生活から切り離されてはならず,主知主義的には理解されえないものである。 内容的には,三位一体論とキリスト両性論が中心であり,教会史,教理史の歩みとともにさらにそれに準ずるものとして贖罪論,義認論,サクラメント論などが加えられ,それらがさらに教会論や終末論とあいまって〈教義学dogmatics〉の主題を構成することになる。しかし厳密な意味での〈教義の発展〉をどこまで認めるかということになると,宗派によって立場は異なる。…

※「教義学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

教義学の関連キーワードバルト(Karl Barth)ヒラリウス[ポアティエの]セルゲーイ ブルガーコフグスターヴ アウレンブルンナー エーミルクウェンシュテットキリストのからだロキ・コンムネステレサ バーガーキリスト教綱要ビザンチン神学ピッテンジャープフライデラーグラープマンイェーリング自由主義神学ビシンスキーキリスト教ブルンナーゼーベルク