コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウンゾーニング downzoning

デジタル大辞泉の解説

ダウンゾーニング(downzoning)

一定地域を対象に建築物指定容積率を引き下げ、無秩序な開発の規制を図る制度。一方で、住宅併用のオフィスビル建設など優良な開発計画に対しては元の容積率や緩和した容積率を認め、地域の改善を誘導しようとする。アメリカでは1980年代以来、大都市で行われており、日本も平成4年(1992)6月に誘導容積制度という類似の制度を導入した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android