コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導容積制度 ゆうどうようせきせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘導容積制度
ゆうどうようせきせいど

1992年の建築基準法改正で創設された環境保全のための誘導政策。地区開発の際,容積率を引下げて公共施設などを優先的に建設し,一定の環境整備がなされたあとに,容積率を元に戻す。乱開発を防止し良好な住環境を作るための制度で,その手段として容積率を活用したところに大きな意味があるとされる。これまでは開発優先でできるだけ容積率を引下げることに行政の姿勢があったが,それを 180度転換して容積率引下げを実施した意味合いは大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

誘導容積制度の関連キーワードダウンゾーニング