コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導容積制度 ゆうどうようせきせいど

1件 の用語解説(誘導容積制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘導容積制度
ゆうどうようせきせいど

1992年の建築基準法改正で創設された環境保全のための誘導政策。地区開発の際,容積率を引下げて公共施設などを優先的に建設し,一定の環境整備がなされたあとに,容積率を元に戻す。乱開発を防止し良好な住環境を作るための制度で,その手段として容積率を活用したところに大きな意味があるとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誘導容積制度の関連キーワード指定確認検査機関仮設建築物二項道路耐震化偽装行為の罰則強化建築基準法第8条(維持保全)耐震基準耐震偽装と法改正耐震偽装事件木造3階建

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone