コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダグラスDC-3 ダグラスディーシーさんDouglas DC-3

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダグラスDC-3
ダグラスディーシーさん
Douglas DC-3

ダグラス・エアクラフトが開発し 1935年に初飛行した,近代輸送機のさきがけ。第2次世界大戦を通じて1万機以上が軍に使われ,アメリカ陸軍はC-47,イギリス空軍ダコタと呼んだ。旅客機としても 800機あまりが世界中の航空路線に就航し,1940年代半ばのアメリカ合衆国では国内線を飛ぶ旅客機 300機の9割以上が DC-3であった。経済性も高く,航空輸送事業の基盤は本機によって確立したといってもよい。機体構造は低翼単葉の双発で,エンジンはライトR-1820 (1200馬力) 2。乗客 21~28人または貨物 2725kgを搭載する。全長 19.5m,全幅 29m。高度 3000mを時速 300kmで巡航し,実用上昇限度は 7000m。航続距離は 2400~3300km。操縦しやすく,信頼性も高いので,多くの操縦者に好まれ,21世紀に入ってからも世界各地で飛び続けている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダグラスDC-3の関連キーワードマクドネル・ダグラスユンカース飛行機

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダグラスDC-3の関連情報