コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダドラン司教 ダドランしきょうd'Adran, Evêque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダドラン司教
ダドランしきょう
d'Adran, Evêque

[生]1741.11.2. フランス,ベエヌ
[没]1799. ベトナム,ピンティン
パリ外国宣教会所属のフランス人カトリック宣教師。正しくはアドラン司教。本名 Pierre-Joseph Pigneau。 1765年コーチシナへおもむき布教。 70年アドランの名義司教,71年コーチシナの教皇代理に任じられた。タイソン党の乱に追われた阮福映 (阮朝の聖祖) と意気投合,仏越攻守同盟条約締結に尽力した。のちフランスがこの条約を履行しなかったので,みずから義勇軍を率いて,阮の王位回復戦を助け,ベトナム帝国成立に協力し,あわせてキリスト教を普及せしめた。タイソン党の本拠攻略中陣没した。ベトナム名,百多禄。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android