コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルック Gluck, Christoph Willibald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルック
Gluck, Christoph Willibald

[生]1714.7.2. エラスバハ
[没]1787.11.15. ウィーン
ドイツの作曲家。プラハ,ウィーンで学んだのち,ミラノで G.サマルティーニに師事,最初のオペラ『アルタセルセ』 (1741) を発表。 1750年頃からウィーンに活動の本拠をおき宮廷音楽作曲家となる。台本作家 R.カルザビージ,バレエ振付師 G.アンジョリーニらの協力を得てオペラの改革に着手,従来の技巧的なソロのアリアに重点をおいたイタリア・オペラの作風から,合唱,管弦楽を有機的に駆使して劇的表現を深めた作風に転じ,『オルフェオとエウリディーチェ』 (62) ,『アルチェステ』 (67) ,『パリーデとエレナ』 (70) を発表。 72~79年パリで,『アウリスのイフィゲーニエ』 (72) ,フランス語版『オルフェオ』 (74) ,『タウリスのイフィゲーニエ』 (79) を発表。晩年はウィーンで過す。オペラのほか,歌曲,協奏曲など多数の作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グルック(Christoph Willibald Gluck)

[1714~1787]ドイツの作曲家。劇的表現を尊重するオペラ改革を行う。作品「オルフェオとエウリディーチェ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グルック

ドイツのオペラ作曲家。ドイツに生まれ,チェコ(ボヘミア)で育ち,ウィーンとパリで活躍。18世紀のオペラ改革に重要な役割を担った。若き日の音楽的経歴はほとんど不明だが,その後プラハでの勉学を経て,1737年−1741年ミラノで作曲家G.B.サンマルティーニに師事。
→関連項目三浦環

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グルック【Christoph Willibald Gluck】

1714‐87
ドイツのオペラ作曲家。最初期を除いて,創作活動はほとんどもっぱら劇音楽に向けられたが,なかでもオペラ創作は43作に及び,18世紀のオペラ改革者といわれ,オペラ史では重要な位置を占める。 1737‐41年にミラノで作曲家サンマルティーニの指導下にあったが,同地で41年12月に初演された《アルタセルセ》が,以後ほぼ40年間にわたるオペラ創作活動の出発点となる。45年ロンドンに渡り自作を上演。以後巡業一座に加わるなどして各地を転々としたのち,52年末以後ウィーンに定住。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グルック【Christoph Willibald Gluck】

1714~1787) ドイツの作曲家。装飾性の強いバロック-オペラに対し、音楽と劇とをより密接に結びつけたオペラ改革を行なった。作品「オルフェオとエウリディーチェ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルック
ぐるっく
Christoph Willibald Gluck
(1714―1787)

18世紀ドイツのオペラ作曲家。イタリア、フランスの伝統的オペラを改革し、自然な表現による簡素なオペラ様式を確立した。7月2日、エラスバッハに生まれる。1731年プラハ大学に入学、35年か36年にウィーンに進出、ロンバルディアの貴族メルツィに伴われてミラノに赴き、37~41年サマルティーニに師事する幸運を得た。処女作『アルタクセルクセス』などの成功でオペラ作曲家としてスタート、45年ロンドン招聘(しょうへい)ののち、ハンブルクでミンゴッティのオペラ一座に入りドレスデン、ウィーン、プラハ、コペンハーゲンなどを巡業。50年ウィーンの銀行家の娘と結婚し、この地での将来への基盤をつくる。52年ナポリでの『ティトゥス帝の慈悲』大成功ののち、ウィーンに定住。ザクセン・ヒルトブルクハウゼン家の音楽会を地盤に、しだいに帝室に進出、56年にはローマで『アンティゴノス』を初演、教皇より黄金拍車勲章を授与され騎士となる。イタリア・オペラ、フランス・オペラ・コミックをウィーン宮廷のために書いていたが、62年『オルフェオとエウリディーチェ』をウィーンで上演、イタリア・オペラ改革ののろしをあげる。演劇性の重視、レチタティーボの心理表現の強調などが主旨であった。
 1772年以来パリにも進出、『アウリスのイフィゲネイア』『オルフェとウリディス』(1762年版のフランス語による改訂)によりフランス・オペラ界に波紋を投じ、「グルック‐ピッチンニ論争」がおこるが、79年の『タウリスのイフィゲネイア』の大成功は、彼の評価を決定的なものとした。すでに74年に宮廷作曲家の称号を得ていたグルックは、安楽な晩年をウィーンで過ごし、87年11月15日同地で没した。[樋口隆一]
『グラウト著、服部幸三訳『オペラ史 上』(1957・音楽之友社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグルックの言及

【ダフニスとクロエ】より

…母音を歌う合唱,古代ギリシアに由来するといわれるクロタル(古代風小型シンバル)などを加えた大編成の管弦楽は,この巨大な壁画を描くラベルの重要なパレットの役割を果たしている。同じ原作による作品として,他にグルックのフランス・オペラ《包囲されたキュテラ島》(1759),J.J.ルソーの未完のオペラ《ダフニスとクロエ》(1779)などがある。【小場瀬 純子】。…

※「グルック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グルックの関連キーワードサン=サーンス:グルックの《アルチェステ》のエール・ド・バレエによるカプリス/piano soloジョン・エリオット ガーディナーフライブルク・バロック管弦楽団ヨッヒェン コヴァルスキーペーター コンヴィチュニーアーネスト ニューマンエフレム ジンバリスト天国と地獄(音楽)ディッタースドルフスーザン グレアムアダン, アドルフアルガロッティオペラ・セリアスポンティーニ序曲(音楽)ベル・カントペリ ノエルピッチンニフェリアーシャコンヌ